こんにちは。

東京プロコン(プロのコンサルタント)養成塾では、
二ヶ月に一度、
塾生は各自選んだテーマでプレゼンをする
という課題がありました。

他の塾生、およびスタッフは、
そのプレゼンを聞いて評価をします。
各項目に得点をつけるばかりでなく、
コメントを添えての評価でした。
その名も「愛のメッセージ」!

さて、今週も人前でお話をするお仕事が入っているため、
この一年にもらった「愛のメッセージ」を見直してみました。

「愛」を感じられず
心折れそうになるコメントもありましたが(苦笑)
多くは皆さんの優しさが感じられるものでした。

その中で
・吉川さんの現状は◯◯
・聴衆が望むのは◯◯
・だから◯◯した方が良い
と具体的なコメントを付してくれたものがありました。

人材育成は難しい、
と言われますが、
このメッセージはどなたが書いてくれたのでしょうか。(メッセージは全て無記名です)
ダメ出しをするにとどまらず
改善策まで提案してくれ、
その上、言葉の端々に温かさが感じられるのです。
こういうのを読むと、
俄然、やる気が湧いてきますね。

褒めて伸ばすか、
叱られて伸ばすか。
ちなみに、先ほどの愛のメッセージは、
内容としては厳しいものです。
厳しい内容を伝える際、
相手を凹ませるのでなく、
奮い立たせる言葉を操ることができるようになりたいですね。