こんにちは。

「それは税理士のお仕事ですか?」
私がやっていることにつき、
たまに受ける質問です。
私は「税理士」という肩書きでもお仕事をしていますから、
疑問を持たれるのでしょうね。

大体の場合、
「そうといえばそうですが、
違うといえば違うかもしれません。。。」
とのお答えになってしまいます。

なぜかというと
「税理士」としてのお仕事とは
人によって捉え方が異なるからです。
狭義の意味では税理士法に謳われている
税理士の独占業務(税務代理、税務書類の作成、税務相談)が該当するでしょう。
しかし、実際、その他のことも行なっている税理士は多々います。

私はといえば、「税理士」という枠に拘っていないのが現状です。
資格でいえば、独占業務のない「中小企業診断士」も取得しました。
まぁ、これもあまり関係がなく(笑)
現状は、他から求められること+私が面白そうだと思ったこと
そういうことをやっている感じですね。

何でこんなことを書こうかと思ったか、
というと、
自分を枠にはめ込むことは、
目の前の楽しそうなことを逃すことになる、
というのを書いておこうと思ったからです。

今、もがいている方へ
&
将来の自分へ