こんにちは。

他産業で成功されており
農業に新規参入された方のお話をお伺いする機会を得ました。

なるほど、と思ったのが
「ビジネスとして成り立つ」
と試算できた上での参入、とのお言葉。

当然ですか?
実は、農業に限らず、
「なんとかなるだろう」ということで
起業してしまい、
どうにもならなくなる事例を今まで見てきました。
まぁ、私自身も勢いで独立しましたから、
他者のことをとやかく言える立場ではないんですけどね(^^;;

さて、怖いなぁと思ったのが
補助金を使っての起業です。
この場合、やめるにやめられないんですね。
多額の借入をしてしまった場合も似たような状況に陥ります。
「こんなはずじゃなかった・・・」
と言っても、今更どうにもならないので、
ビジネスとしてどう成り立たせるか、
生活できるお金が手元に残るかどうか、
それは「今から」でも詰めて考えるべきですね。
最初から、
ある程度は見通しを立てて起業するのがベターですけど。

あぁ、耳が痛いです。苦笑