こんにちは。

医療費控除は、
医療費が10万円に届かなくても
収入(厳密にいうと所得金額)が少ない場合は、
適用を受けられる可能性があります。

だから、合計金額をまとめてあるのなら、
適用できるか否か、
トライしてみる価値はあります。
確認方法の1つとして
国税庁のHP、
確定申告作成コーナーで確定申告書を作成してみる、
ということが挙げられるでしょう。
還付される金額が表示されたら、
医療費控除が受けられた、ということです。
(この方法では、住民税までは判断できないので、
あくまでも「目安」ということになります。)

領収書がどこにあるのか分からず、
申告会場まで来てしまって「何も持って来ていない!」というような場合は、
まぁ、ご本人の判断ですね(^_^;)
諦めるか、もう一度出直すか。

それにしても、医療費が少額の場合は、
労力の割に戻る額は大したことなかったりします。
「医療費の通知」も、1月〜12月でなかったりしますので。。。

参考;
No.1120医療費を支払ったとき(医療費控除)