こんにちは。

何度も書いていますが、
受験勉強はサッサと終わりにすべきですね。
受からないから、終わらないのでしょうが、
受験勉強ばかりしていて、
専門学校の模試で好成績を取り続けていると、
勘違いに陥りやすいです
「自分は"できる"」と。

世の中には自分が知らない、経験したことのないことなんて山ほどあり、
実務では、日々、それらと対峙することになります。
ところが、受験勉強に慣れてしまうと、
「試験範囲」から答えを探し出すクセがついていて、
視野が極度に狭いんですね。
その上「自分は”できる”」という勘違いが頭にあると、
検討すべき事項を検討しなかった、
なんていうミスも起こしがちとなります。

何年も受験勉強をしたからこそ
理解が深まった、
という説?もありますが、
理解を深めるのは
実務においてで良いでしょう。

税理士試験において、
法人税3回目で合格、所得税1回目で合格、
という比較対象ができる私の意見は、
3回は多過ぎ、
1回だから理解していない、ということはないです。