こんにちは。

所得増税、増収は1000億円超に高所得層300万人対象

ただ、高所得者は基礎控除も縮小・廃止する。所得が2400万円を超えると段階的に控除額を減らし、2500万円で打ち切る。2500万円を超える人は15万人程度にのぼるという。

この件につき、私は反対です。
なぜなら、ややこしいからです。
基礎控除は「所得控除」と呼ばれるものの一つで、
所得控除は全部で14種類あります。
まず、この14種類もある、という点で、
私は複雑に感じます。
その上、もしも所得控除14種類の全てにおいて、
「お給料の金額に比例して控除額を減らす」
なんていう制度にしたら複雑極まりなく、
「一体、自分はいくら所得税を払うことになるの?」
という方ばかりになるでしょう。
いや、現状においても、
ほとんどの方が税制についてよく分からぬまま、
お給料から天引きなりされているのではないでしょうか。

来年からは配偶者控除及び配偶者特別控除が改正されます。
理念としては理解できますが、
制度として落とし込んだものは、
結局は混乱を招くように思えます。
その混乱にかかる事務コストを考慮すると、
税制はシンプルであるべき、
というのが私の考えです。