こんにちは。

10年ぐらい前、

イギリスのお友達のクリスマスパーティーに参加させてもらい、

その時に食べたパプリカが美味しくて、

それ以来、パプリカをよく購入します。

ところが、初めて

「石油のような臭いがする!!」

という赤いパプリカに遭遇しました。

結局、何の臭いか分かりません。

調べたのですが、

ピーマンはエチレンガスを発生するようですね。

エチレンガス、Wikipediaによると

エチレンは果実の「色づき」「軟化」といった成熟にも関与している。

例えば、りんごはエチレンガスを発生します。

まだ実の硬いキウイをりんごのそばに置いておくと、

エチレンガスの作用により

キウイは「追熟」し

柔らかくなって食べ頃となります。

ピーマンもエチレンガスを発生させているとは

知らなかったです。

それにしても、

パプリカのあの臭いは何だったのでしょうか。