こんにちは。

頻繁に起こるケースではありませんが、
死亡した会社員のお給料にかかる税金、

例えば、毎月末日締め、翌月25日払いの場合、
11/9に死亡した場合、
(1)9月分給与10/25支払予定日:所得税
(2)10月分給与11/25支払予定日:相続税
(3)11月分給与12/25支払予定日:相続税
となります。

(1)所得税がかかる、
すなわち、給与所得になる、
ということです。

死亡により退職した場合、
退職時に年末調整を行います。
この時、年末調整の対象となるお給料は、
9月分(10/25支払予定)まで、です。
10月分(11/25支払予定)は、
給与所得(=所得税の対象)とはならず、
相続税の対象となります。

今日の研修で間違いが多い項目、
として説明がありました。
確かに、間違いやすいですね。
(そして、、、
税目が違う、というのは
一般的にはなかなか理解し難いですよね。。。)

参考:
死亡後に支給期が到来する給与