こんにちは。

私は、農業の基本的な本を読む時、
声に出して読んでいます、
音読ですね。

なぜかというと、
読めない漢字が多いからです(^^;;

黙読すると、分かったような気になって
そのままスルーしてしまいます。
音読なら、読み進みた時に読めないのでそこで躓き、
調べることになります。

読めない漢字は、
ほとんどが意味も「何となく」しか分かっていません。
ですから、読み方のみならず、
内容も調べます。

これって、小学生の勉強方法だなぁと思いつつ、
自分にとって新しい分野は
まずは「言葉」だと痛感しているので、
言葉を覚えるのに「音読」です。

診断士の受験勉強の時、
意味が分からない言葉ばかりで、
外国語のお勉強かと思うほどでした。

言葉が分かればコミュニケーションができます。
そして、その概念を知ることができます。
新しい分野は、言葉から、ですね。