こんにちは。

今日は中小企業診断士同期の勉強会でした。
(勉強会、多いですよね。。。苦笑)

同期、ということで、会の雰囲気はざっくばらんです。
発表者2人、
その発表に対して質問も活発に出ます。
質問もレベルが高いんですよ。

さて、今日は勉強会の前、
「問題」と「課題」に関して読み漁っていました。
問題と課題、日常会話では混同して使いがちですが、
異なるんですよ。
診断士受験のテキストにも記載があったはずですが、
該当箇所が見つからず。。。
分かり易かったのが、谷誠之氏のまとめです。
http://blogs.itmedia.co.jp/tani/2012/11/post-3749.html

・問題:あるべき姿と現状との負のギャップ
・課題:問題を解決するために何をすべきか、ということを設定したもの

問題があったら、
課題にまで落とし込むことで解決の道がひらけます。
逆にいうと、課題に落とし込まなければ、
解決に辿り着かない、ということですね。