こんにちは。

今日は中国会計のお話を聞きました。
中国では
・個人は、税金をできるだけ払わない
・会社は、黒字にして税金を払う
という風潮が強いそうです。

会社は
黒字を大きくすることに力を注ぐ、とのこと
・減価償却費を計上しない
・在庫を適当に計上する
という方法で。
まぁ、日本でもありますよね。
(減価償却については、
未計上でも日本の「法人税法上」は合法です。)

日本の中小企業が
わざわざ黒字にしてまで税金を払おうとするのは、
例えば、借入れのため、です。

対して中国では、国営企業のようなことが多いため、
税金は自分のお金が減るわけではありません。
また、利益が出ることは手柄であり、
自分のお給料もたくさん取れる、
ということで、黒字化を推進する訳です。

ん?資本が国とは全く関係ない場合はどうなんでしょうね??