こんにちは。

税理士などの「士業」、受験者数は年々減っています。
そんな中、中小企業診断士の受験者数は横ばいだそうです。
時代のニーズでしょうか。

税理士は「独占業務」があり、
一定の業務については税理士の資格を持っている者のみ
行うことが出来ます。
それに対して中小企業診断士には
独占業務はありません。
経営コンサルタントとして唯一の国家資格であるとはいえ、
診断士でなくても経営コンサルタントを名乗ることは可能ですし、
コンサルタント業務を行っても何ら問題ありません。

そんな診断士が人気なのはなぜでしょうか。
認知度が上がってきたことも一つの理由でしょう。
それでもまだまだ「中小企業診断士??」となりますね。
資格というのは、自分を端的に表すのに便利であるとはいえ、
相手に伝わる言葉で表現できるに越したことはありません。
特に、中小企業診断士は業務範囲が広いため、
診断士といわれても、どういうことをしているのか、
よくわからない場合が多々あります。

どんな資格でも、いや、資格に限らず、
自分のことを初対面の相手にその場で分かってもらえるようにした方が
印象に残って良いですね。