こんにちは。
首相、一帯一路に協力姿勢

今朝の日経一面です。
私のwechatの朋友圈(LINEのタイムラインのようなもの)においても
朝からこの話題を取り上げている方が見られ、
中国人も注目しています。

世界を巻き込んだ構想を発表した習近平主席、
最初に「一帯一路」を提唱したのは2013年になります。
「中国主導」を当たり前のように打ち出すところが、
日本の政治家とは違うところでしょう。

日本においてここまで注目される前に、
中国では着々と一帯一路構想に沿って整備が進んできました。
日本で報道される中国は、
何かとトラブルが多い印象ですが、
私はこの20年の中国の発展を見ています。
問題要素を抱えているとはいえ、
中国はなんといっても人口世界一ですからね。
数の力があります。
まだまだ走り続けるでしょう。
そんな大国、中国と日本はどう付き合っていくか、
今回の安倍首相の演説は、
今後の新たな日中関係の一歩となるかもしれません。