こんにちは。

静岡市、未曾有の人口減少で「静岡市総合戦略」発動…あらゆる手立て講じて人口流出を歯止め

この記事の中で違和感を覚えたのは次の事項です。

大学進学や就職に伴う18歳から22歳までの
若者の流出が目立つ

市は県外の大学へ進学した学生を対象に、
新幹線定期代の一部(上限1カ月3万円)を補助

つまり、
「人口減少をとめるため、
例えば都内の大学に受かったとしても
静岡市に住み続け、新幹線で通ってください」
ということですよね。

これって、
18歳〜22歳の「時間」について、
まるで無視されていませんかねぇ。
通学時間、通勤時間、
皆さんいろいろ工夫されているとはいえ、
無いに越したことはないでしょう。
新幹線で通う時間が、もったいない、
としか私には思えないです。

まぁ、自分自身、大学が遠過ぎて
通うのが苦痛だった
(結局、あまり行かず。。。笑)
という経験があるため、
通学時間に対しては敏感になっています・・・。