こんにちは。

高い天井で豊かな生活を提唱される
左高先生のお話を聞いてきました。

最初にこの「サタカ・システム」のお話を聞いた時、
広い空間は、気分も開放的になり、
クリエイディブな発想が生まれそう、
と思ったんですね。

昨日、よくよくお話を伺ってみると、
このシステムを使ってマンションを作った場合、
個々のお部屋は広さが異なるため、
入居者は一人暮らし、ファミリー、老若男女・・・
と、様々なタイプの方が集まる可能性が高くなりそうです。

今の日本のマンションは、
お部屋の広さがほぼ同じことが多く、
似たような家族構成の方が集まりがちです。
年代も似たり寄ったりで、
居住者が高齢となったとき、
マンション全体で高齢化してしまいます。

無理矢理、人を集めるのではなく、
自然といろいろな方が集まる「仕組み」のマンション、
いかがでしょう?