こんにちは。

お給料を計算する際
「源泉所得税」を天引きします。
この「源泉所得税」は、支給されるお給料の金額により、
毎月変動します。
※住民税は毎月固定額です。

さて、毎月変動される源泉所得税ですが、
例えば扶養親族の人数が変わったものの、
変更をうっかり忘れてそのまま計算してしまった場合、
どうするのが良いのでしょうか。

「正解」を言うならば、
修正でしょうね。
でも、金額が大きく変化する場合を除き、
「年末調整で、差額を調整してはいかがでしょう」
と私はお話します。

毎月天引きしている源泉所得税は、
「仮」の所得税額です。
最終的には年末調整で正確な所得税額を計算します。
ですから、月々の金額が多少違っても、
最後に合わせればO.K.という考え方です。

ただし、注意すべき点は、
年末調整で「足りなかったので徴収しますね」と場合です。
多くの方が
「年末調整=お金が戻ってくる(還付)」
と捉えています。
ですから、年末調整で反対の結果(徴収)となると
トラブル発生を招きかねません。
よって、年の途中での間違いが
「足りない」という場合、
その時、もしくは翌月などに修正しておいた方が
トラブルを未然に防げますヨ。