こんにちは。

期末決算でも、月次決算でも
BS科目の残高というのは
「正しい金額:◯◯円」という確固たる金額が存在していて、
そこに会計ソフトの金額を合わせます。

具体的には、
普通預金の場合、
お通帳の残高に会計ソフトの金額を合致させます。
お通帳の残高が150万円で、
会計ソフトの残高が140万円だったら、
会計ソフトの内容を訂正し、
会計ソフト上の普通預金残高を150万円にします。

売掛金の残高も同じです。
A社への売掛金残高は100万円、
ということは、
どこを見れば分かりますか?
これは会社によってまちまちでしょう。
専用のソフトを使っている場合もあるでしょうね。
いずれにしても、何らかの方法で把握しておくことが必要です。
そして決算において、
会計ソフトの売掛金残高が100万円になっていることを確認するのです。

BS科目は
会計ソフトの金額を修正し
正しい金額を残高として残すのです。
残高として残っている金額が正しいとは限りませんヨ!