こんにちは。

お客様がクレジットカードで支払った場合
例えば、
・10,000円の商品を売りました
・お客様はクレジットカードで10,000円払いました
・お店には、手数料(仮に300円)を差引いた9,700円が入金されました
この時の手数料300円、
消費税の課税関係はどうなるでしょう??

答えとしては「非課税取引」に該当しますので、
お店側としては
「仕入れに係る消費税として引くことができない=仕入税額控除の対象外」
となります。

それでですね、勘定科目については
「支払手数料」で処理しているところも多いかと思いますが、
・補助科目を作る
・勘定科目を専用科目(ex.「クレジット手数料」)で処理する
をオススメします。
なぜなら、「支払手数料」は、
通常、消費税の課税取引となるんですね。
となると、支払手数料の中に、課税対象と対象外が混在することになります。
これは、入力時、チェック時において間違えのもとです。
間違え易い要素は、事前に排除しておきましょう!

 

質疑応答事例>消費税目次一覧>クレジット手数料