こんにちは。

私はクラウド会計をオススメしています。
なぜなら「ムダ」を省けるし、「間違い」が減るからです。

具体的には
銀行口座との同期、これが最大のメリットでしょう。
従来は
「お通帳を見ながら入力する」という作業がありました。
それが、会計ソフトと直接同期させてしまえば、
入力(=ムダなこと)が要らなくなります
タイピングのミス(=間違い)もなくなります。

とはいえ、例えば
「A銀行口座からB銀行口座へ100万円の振替」
という取引に対して、会計ソフトは弱いんですよね。
(クラウド会計に限ったお話ではありません・・・)
A銀行とB銀行、
どちらの口座も会計ソフトと同期していると、
・A銀行口座から見た100万円の引出し
・B銀行口座から見た100万円の入金
という1つの取引が、2つの仕訳として計上されてしまいます。
ここでプチ・パニックを起こすかもしれませんね^^;

そう、これをクリアしないと、クラウド会計を活用できないのが現状です。
上記の場合、やり方は簡単です。
「どちらか一方を削除すれば良い」です。
1つの取引なのだから、1つ仕訳を起こせばO.K.なのです。

感覚的に慣れるまで、時間がかかるかもしれませんが、
大事なことは「BS(資産・負債)科目の残高
を本来の残高(=お通帳の残高)にすること」
です。
おさえるべきは、BS科目です。