こんにちは。

公的年金をもらっていて、
その他に個人年金ももらっている場合、
個人年金が「収入△必要経費=マイナス」となったとき、
公的年金および個人年金につき、
確定申告をした方が、基本的には有利です。

公的年金のプラス

個人年金のマイナス
を相殺できますからね。

どちらも雑所得となり、
雑所得は「損益通算」できない、という決まりがあります。
でも、「損益通算」とは「異なる所得の区分間」における相殺を指します。
同じ所得内でのことを指している訳ではありません。
よって、同じ雑所得内での相殺は可能となります。

個人年金の明細を見て
「マイナスだから何もしない」と放置すると、勿体無い場合がありますヨ。