こんにちは。

税務署の混雑緩和を目指すべく、
どこに問題があるのか、考えてみました。

例えば、確定申告をする必要があるかどうか
判断を迷う方として「年金受給者」が挙げられます。
パターン
1.所得税の確定申告をする必要がある
2.所得税の確定申告をした方がおトクである
3.所得税の確定申告は不要であるが、住民税の確定申告が必要である
4.所得税及び住民税の確定申告は不要である

続いて、この時期、税務署などが大混雑する要因として
大きく分けて次の2点が挙げられます。

A.確定申告をするかどうか迷う
→自分で判断できないため、
電話をしたり直接税務署へ行ったりして確認することになる
B.いざ確定申告をするとなっても
一人で確定申告書を作成できない
→税務署などで支援を得ながら申告書を作成する

費用(税務署で対応する職員の人件費など)と
効果(得られる税収)を勘案すると、
まずはパターン3.について、
所得税と住民税の基準を一致させることが
出来そうですね。