こんにちは。

中古資産の耐用年数の求め方(簡便法)は、
次のとおりです。

【法定耐用年数>経過年数 の場合】
(1)法定耐用年数△経過年数
(2)経過年数×0.2
(3)(1)+(2)=中古資産の耐用年数

【法定耐用年数<経過年数 の場合】
法定耐用年数×0.2 = 中古資産の耐用年数

この「経過年数」ですが、
例えば1年3ヶ月という場合、15ヶ月で計算します。
月数で計算するんですね。
もちろん、法定耐用年数も12を乗じて月数に直して計算します。

 

というのが答えなのですが、
「月数に直して計算する」というのがどこに定められているのか、
見つかりません・・・。
ご存知の方、教えてください。

 

No.5404 中古資産の耐用年数