こんにちは。

税務ソフトや給与計算ソフトは、
必ず最新のものを使いましょう!

私がソフトに求めることの1つに
「ヒューマンエラーを発見する」が挙げられます。
人間がチェックして、更にソフトがチェックして、
という工程を経れば、二重にチェックが出来るんですね。

「大して変更がないから」といって古いまま使用していると、
思わぬ落とし穴に陥ることがあります。

それから、ソフトは信頼ある会社のものが良いですね。
どのソフトが信頼あるかって、
それこそ難しい問題ではあるのですが、
私は結局大手を選んでいます。

といっても、会計ソフトはfreeeやMFクラウドを使っています。
(弥生も使っていますが。笑)
なぜ大手企業重視ではないかというと、
会計についてはヒューマンエラーのチェックに重きを置いていないからです。

ということで、ソフトに求めるものをまとめると、次のようになります。
・税務ソフト:最新+大手企業
・給与計算ソフト:最新(大手が良いかどうか、大手企業とそれ以外を比べたことがないため不明)
・会計ソフト:使いやすさ(消費税の税率が変わらなければ、最新でなくても。)