こんにちは。

「税理士の顧問契約書に印紙税は必要か否か。」
先に申し上げておきますと、
明確にお答えできません・・・。ごめんなさい。

書籍などによりますと、
「請負に関する契約書」として
契約金額に基づく印紙税が必要とされています。

ところが、税務署にお問い合わせしてみたら、
「税理士の顧問契約は、請負契約ではないため、通常、課税文書と見ていない。
ただし、内容による。」
とのことでした。

一体、どちらが正しいのでしょう??

税法は、こういうこと(どちらが正しいか即座に判断できない)が起こりえます。
なぜなら、条文上、全てのことを細かく明記している訳ではないですからね。

ちなみに、PDFファイル等は
印紙税の課税文書にあたりませんヨ。

 

請負契約に係る注文請書を電磁的記録に変換して電子メールで送信した場合の印紙税の課税関係について>(別紙)