こんにちは。

今日は私の故郷である静岡県沼津市で開催された国際交流フェアに行ってきました。

img_2721

国際交流協会の中国関係者よりお声をかけていただいたので、
沼津在住の方をお誘いして見に行きました。

平成28年3月末現在、沼津市在住の外国人は約3,500人、
そのうち中国人は約800人だそうです。

私が留学した先、中国湖南省岳陽市は、
沼津市が友好都市となっており、
留学は、国際交流協会がバックアップしてくれました。
当時はお世話になったにもかかわらず、何もできなかったので、
今、少しずつでも何らかの恩返しが出来れば、との思いがあります。
そして、留学先の中国では、それこそ右も左も分からなかった私を
岳陽の皆さん、温かく受け入れてくれてくれたんですね。
私にとって思い入れ深い中国岳陽市と
故郷の静岡県沼津市、どちらも大好きな町ですので、
文化交流のみならず、経済的にも繋がることができたら、と思っています。

が、何せ普段私は東京に住んでいます。
想いがあっても、現地の状況はよく分かっていません。
今日、有難いことに何人かの方からじっくりお話をお伺いできました。
現状として、岳陽市と沼津市の経済的な繋がりはほとんどないそうです。
しかしながら、「沼津市の産業育成」という観点で見ると
個々の動きはあるんですね。

 

いつ花が開くのでしょうか。
もしかすると種蒔きだけで終わってしまうこともあるでしょう。
でも、種を蒔かねば、芽が出ることもなく、花が咲くこともありません。
私も何らかの形で関わりたいので、まずは情報収集です。