こんにちは。

昨日と今日、税務署関係のお仕事で講師をしました。
今月、あと何回か、同じような説明会で講師としてお話をします。

この場合に難しいのは、「どなたに焦点を合わせるか」なんですね。
税務署は「公的機関」なので広く人を集めます。
ですから、経理・税金に関する知識もバラバラ、やっている事業もバラバラです。

アンケートを拝見すると
「簡単過ぎ」
「難し過ぎ」
「分かりやすかった」
と、評価もバラバラです。

では、私はどうしているかというと、
まず、全員に満足してもらうのは無理、と思っています。
となると、会場の雰囲気を見て、
7〜8割の方に満足してもらえるような内容にします。
そうなりますと、内容としてはやや易しい感じになります。
なぜなら、こういう会場に来る方は、
「初めて」や「2回目」という方が比較的多いからです。
税務署側からも、「難しく説明しないでください」との依頼があります。

逆に言うと、よく分かっている方にとっては、
それこそ簡単過ぎて時間の無駄になる可能性がある、ということです。

アンケート以外にも、簡単過ぎという声をお聞きしますので、
良かったら参考にしてください。

※私の講師としての力量を棚に上げている訳ではありません。
私が外部の講演を聞く目的の1つに、「話し方を学ぶ」ということも挙げられます。
上手な方は、聞き入ってしまい、時間が経つのがあっという間ですよね・・・。