こんにちは。

今日もお話があった
「赤字でも資金繰りさえ回れば会社はつぶれない」
ということに対して、「御尤も」と思うのですが、
「そんなことを言っても起業したての会社には、
業績がちょっと悪くなるとお金貸してくれないし・・・」
と、内心思ってしまったんですね。

とはいえ、
起業したての会社は、一般的に信用がないのは当たり前です。
金融機関が貸すのを躊躇するのも当たり前です。
その当たり前を乗り越えない限り、経営は続きません。

その当たり前を乗り越える一つの方法として、
事業を始める前にお金を借りる」ということが挙げられます。
まだ始めていないので、実績なし、
計画のみです。

業績が芳しくないことでお金を借りられない会社さんにとってみれば
「計画だけで借りられる」なんて羨ましいお話です。
事業性評価融資により、過去よりも未来志向に変わりつつあるとはいえ、
悪化した業績を立て直すだけの計画には、相応の裏付けも必要となりますからね。

事業を始める前の借入れとして頼りになるのが日本政策金融公庫

img_2588.jpg

ビジネスは資金が尽きたら終わりです。
資金がなくなってきてから、ではなく、
事業を始める前から借入れをしてはいかがですか。