こんにちは。

やりたいと思っていた「夢」が夢ではなくなり、
現実となっています。

中国人会計士さん、中国人行政書士さん、私、
という3人でのミーティングがありました。
最初はもう一人日本人がいらして日本語でしたが、
途中から3人になり、言語は中国語となりました。

振り返れば、この状況になるのに約20年かかりました。
随分前になりますが、中国語を使うお仕事の依頼があったとき、
お断りしているんですね、私。
留学時代後半は、中国語70%、英語29%、日本語1%という生活で、
このおしゃべりの私が黙っていられるわけもなく(汗)
ピーチクパーチクおしゃべりに花を咲かせていました。
そんな状態でしたから、留学直後は中国語に一切抵抗がなかったのです。
が、日本において中国語を使う機会が激減し、お勉強もほとんどしない状態が続き、
気付けば自信がなくなっていました。

あの時の自分に言いたいです、
「やれば自信がつく!やらないから自信がなくなる!!」
と。

当時の語学力に比べれば、今の方が圧倒的に下です。
それなのに、中国語を使っています。
「できるようになったら始める」なんて甘いことを言っているようでは、
いつまで経っても始められませんからね。
できる方法を考えるんです。
できるようにすれば良いんです。(今、必死です。苦笑)

さて、「夢」は叶いました。
しかし、現実は大変です(^_^;)
ネイティブの速度は、全神経を集中しないと聞き取れませんからね。
言語のみならず、分からないことはたくさんありますし。
それでも、好きなことができるこの幸せは、何事にも代えがたいです。

自信がなくて一歩を踏み出せない方へ
まずは小さなことでいいんです、やってみてください。
失敗はあるでしょうが、そんなもの恐れていたら、
やりたいこともできないまま、人生終わってしまいますよ。