こんにちは。

私は
・税理士
・中小企業診断士
という2つの資格を有しています。

税理士受験生の時は、
税理士になりたくて、なりたくて、
受験に足掛け6年もかかり、
「税理士になること」が目的と化してしまった感がありました。
官報に掲載された自分の名前を見た時、
嬉しさより、「やっと終わった・・・」という安堵感が勝っていたように思います。

中小企業診断士は、税務だけでは足りないと痛感し、
またビジネスを体系的に学びたかったので、受験しました。
こちらのブログでも何度か書いていますが、
「資格取得」そのものは二の次でしたね。
なぜなら、税理士資格を得ていて、「資格」とはどんなものか分かっていましたから。

税理士受験仲間の
「税理士の資格なんて、大したことないですよ」という言葉、
よく覚えています。
当時はまだ「夢いっぱい」でしたし、大変だった受験を乗り越えた直後だったため、
ちょっとガッカリもしましたが(笑)
今はうなずけます。
「資格に過度に期待するなかれ」なのです。

そのスタンスは変わりませんが、最近思うことは、
「資格を通じたつながり」が予想以上に面白いということです。
資格に頼らないよう気をつけてはいますが、
資格があったことで知り合えた方がいるのは事実です。

つまるところ、
資格の活用も、自分次第ですね。