こんにちは。

金融機関の方とお話ししていてつくづく感じたこと、
「現金での取引は、
できることなら避けましょう」

資金繰りの観点から見ると
現金売上はとても良いんですよね。
後からお金が入る場合に比べて、手元にすぐお金が入るため、
そのお金を次の運転資金に回せます。
また、貸倒れの心配もありません。

とはいえ、現金での取引って、
痕跡が残らないため、
「本当なの???」という疑問を持たれかねないんですよね。
それに対し、例えば口座に振込んでもらうとなると、
お通帳に記載されるため、一つの証拠となり得ます。

現金商売の場合は、
レシートを発行し、毎日現金残高が合っているか確認します。
毎日現金残高を合わせ、その記録をつけることで、
正しく計上していることを証明する補助的な資料となります。
が、この作業も時間がかかり、大変です。

商習慣もありますので、
決済方法を変えるのは簡単ではないでしょうが、
私のように現金払いを面倒と感じる人も一定数いますよ。