こんにちは。

とりあえず支払った場合、支払内容が不明の場合、
「仮払金」という勘定科目を使います。
これは、貸借対照表の「資産の部」に計上されます。

反対に、とりあえず受け取った場合、受領内容が不明の場合、
「仮受金」という勘定科目を使います。
こちらは、貸借対照表の「負債の部」に計上されます。

と、ここまでが基本です。
が、経理に不慣れな方は、どちらも「仮払金」を使ってはいかかでしょう。
「分からなかったら仮払金!」です。
なぜなら「仮払金?仮受金??どちらだったかしら??」と迷う時間がもったいないんですよね。
仮払金でも仮受金でも「仮」の勘定科目です、
つまり一時的な勘定科目であり、
最終的に0円となるべきものです。
また勘定科目を一つにしておくことで、チェックの手間も省けます。

決算の時は、本来の科目である仮受金に振り替えてくださいね。
いや、決算の時には、
仮払金も仮受金も0円になることが望ましいです。