こんにちは。

税制改正は毎年あります。
ですから、
「今期、この規定は適用できるの?」と思った場合、
必ず最新の規定を確認してください。

「最新のものかどうか分からない!」というケースは少々厄介ですね。
見極め方の良いアイデアが思い浮かばないのですが、
間違えそうな規定を1つ見つけましたので、
ご注意ください。

「所得拡大促進税制」です。
検索すると、2番目に下記PDFが出ています。
[PDF]所得拡大促進税制 – 経済産業省
↑こちらは古いものになります。

H28.8.19現在において、最も新しいものは↓こちらになります。
パンフレット「所得拡大促進税制のご利用の手引き」(PDF形式:KB)

具体的にどこが変わっているかというと、
P.2の増加促進割合は、
H28年度3%(中小企業者等)です。
(他にもあるかもしれませんが、未確認です)

【要件3つの概要】
(1)H28年度の給与支給額がH24年度に比べて3%増加している
(2)前期より今期の給与支給額が増加している
(3)前期より今期の一人当たりの給与支給額が増加している

【制度の内容】
次の金額を法人税から減額する
(H28年度の給与支給額△H24年度の給与支給額)×10%

 

3%増というと、比較的クリアしやすい数値ですので、
該当する企業は是非活用してください!

 

参考
No.5927 雇用者給与等支給額が増加した場合の税額控除(所得拡大税制)