こんにちは。

今日は昨日の記事の続きです。

昨日は、
個人事業主が、事業を行い、その傍らでアルバイトをした場合、
事業の売上から65万円、
アルバイトの収入から65万円、
両方合わせて130万円引けると書きました。

では、
サラリーマンがお給料をもらい、更に副業をした場合、
お給料から65万円、
副業の売上から65万円
と、両方合わせて130万円引くことはできるのでしょうか???

実は、この答えは
ケースバイケース
となります。

まず、お給料にかかる給与所得は、
アルバイトの場合の給与所得と同じように計算します。

・給与収入(最低)65万円給与所得
(給与所得<0円の場合、0円)

次に、副業にかかる所得は、次のいずれかとなります。
どちらになるかにより、65万円引ける or 引けないと
所得税を計算する上での過程が異なります。
(1)事業所得となる→65万円引ける
(2)雑所得となる→65万円引けない

事業所得となった方がオトクですね。
では、どのような状況であれば事業所得となるのか、
これが「ケースバイケース」なのです。
一般的には、サラリーマンの「副業」という程度ですと、
事業所得とは認められません。
「本業」と言えるぐらいで、ようやく「事業所得」となります。

 

こちらの記事も参考になさってください。