こんにちは。

先日、中国語and日本語勉強会に参加しました。
「ビジネスで使える言葉を」との目的で
丁寧表現を習いました。

興味深かったことは、中国北方出身の方から
「この中国語、嘘っぽい」と。
丁寧過ぎて、違和感を覚えるそうです(^^;;

私は、基本的に丁寧な言葉を覚えるようにしています。
なぜなら、使い分けるとなると難しく、
どなたに対しても失礼のない言葉の方が
語学学習の上で「省エネ」だからです。

とはいえ、言葉は変化するものです。
時々、テキストで学習した表現をそのまま使うと
「今はそういう表現、しませんよ」と言われます。
最新のテキストを購入しても、
著者の年齢等により、表現が古風なこともあるようです。

では、一体どうすれば良いのでしょう。
私は、自分がお話する言葉は、
古風でも、失礼なく意味が通じることを優先しています。
新しい言葉は「聞いて分かる」で良し!と。

ちなみに、北方出身の方が「嘘っぽい」と思った中国語表現について、
南方出身者にとっては、
「とても丁寧と感じる」だそうです。
方言だけでなく、
中国語は地域によっても表現が異なるようですよ。