こんにちは。

・夫:会社員
・妻:パートなど
という場合、税金も社会保険も、妻の年収により生じている差をなくしていきましょう、
というのが政策の流れです。

現行では、妻の年収が増えるにつれ、
妻の負担、夫の負担、それぞれが増える仕組みになっています。

具体的に、妻の年収との関係を見てみましょう。

A.夫が会社員の場合
妻の年収により、妻の負担として何が増えるのでしょう。

・100万円超:住民税
・103万円超:所得税
・106万円以上:社会保険料(2016年10月〜)※1
・130万円以上:社会保険料

B.夫が会社員の場合、
妻の年収により、夫の負担として何が増えるのでしょう。

・100万円超: ー
・103万円超:所得税 及び 住民税※2
・106万円以上: ー
・130万円以上: ー

夫妻で考えると
(1)妻の年収が103万円超の場合
妻は、妻の所得税、妻の住民税を負担することになります。
夫は、夫の所得税及び夫の住民税が、妻の年収が103万円以下の時に比べて、増えることになります。

(2)妻の年収が106万円以上の場合
妻は、妻の所得税、妻の住民税、妻の社会保険料を負担することになります。
夫は、夫の所得税及び夫の住民税が、妻の年収が103万円以下の時に比べて、増えることになります。

端的に言えば、2016年10月以降、
妻の年収が106万円を超えると、
夫と妻は、それぞれ経済的に独立し(=お互いを扶養していない)
自分の税金及び自分の社会保険料は、それぞれが自分で負担することになります。
(ここでは、配偶者特別控除は考慮しないものとします)

※1 週20時間以上、従業員数501人以上の企業など一定の要件の場合
※2 配偶者控除、配偶者特別控除