こんにちは。

法人税の中間申告と消費税の中間申告、
それぞれ
(1)前期を基準として計算する
(2)仮決算により計算する
の2つの方法があります。

法人税と消費税は、別々の税法であるため、
上記2つの方法が、法人税と消費税で異なっても構いません。

法人税の中間申告は前期を基準、
消費税の中間申告は仮決算、
ということもO.K.です。

逆も、もちろんO.K.です。

今期、納税額が少なくなることが見込まれる場合、
資金繰りの面から考えると、
仮決算は有効な手段です。

例えば、
・前期基準:100万円
・仮決算:40万円
このような時に仮決算を選択したら、
60万円は事業に回せることになりますね。

もし、中間申告で納付した税額が、結果的に多すぎた場合は、
確定申告で精算するため、
確定申告分に充当される or 還付されます。
これは、確定申告までの間、
税務署にお金を預けておくことと同じことで、利息相当がつきます。

資金繰りを考え、
制度は上手に活用しましょう!