こんにちは。

先日
赤字の会社は青色申告なんて要らないの?
の記事で、欠損金の繰越控除について書きました。

これは法人(会社)が赤字になったとき、
その赤字事業年度以降に適用する制度になります。

同じような制度は、
個人にかかる所得税にもあります。
(「純損失の繰越控除」といいます)

名称の違いは、私は重要とは思っていなくて、
むしろ大事なことは
・法人:9年※
・個人:3年
と繰り越せる期間が違うことです。

会社を経営されている方の中には、
赤字=9年繰越O.K.
と思われている方もいらっしゃって、
もちろん、会社はそれで合っています。

しかし、個人は3年と短いんですね。
3年はあっという間です。

「以前の赤字がまだある・・・」
と悠長に構えていないでください。
個人が赤字を繰り越せるのは3年間だけですよ。

※平成29年4月1日以後に開始する事業年度からは
10年になります。

参考:
法人
No.5762 青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越控除
個人
No.2070 青色申告制度