こんにちは。

会社が、人間ドックを社員全員に実施した場合、
かかった費用は
会計ソフトで「福利厚生費」として経費に計上し、
法人税法上も損金(=経費)として認められます。

では、役員さんだけ人間ドックを受けた場合はどうなるでしょう?
会計ソフトで「福利厚生費」として経費に計上するのはO.K.ですが、
法人税法上は損金(=経費)としては認められません。

なぜかというと、
役員さんだけ人間ドックを受けるというのは、
役員さんだけ得してますよね。
それって自分のお金で受けるべきことでしょう。
と法人税法上は考えるんですね。
よって、役員さんに対するボーナスとみなされ、
損金(=経費)から除外されます。
※役員さんに対する給与、ボーナスは制限がかかっているためです。

社長様へ
自分だけ会社のお金で受けようなんて思わず、
社員全員の健康も考えてくださいね。

参考;質疑応答事例
人間ドックの費用負担