こんにちは。

昨夜は
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 」の著者、
山田真哉先生のセミナーに参加しました。
先週に続き2回目です。

昨夜は「会計」のお話、
会計の中でも「管理会計」についてでした。

会計は大きく分けて2種類あります。
1. 財務会計
2. 管理会計

1. 財務会計とは、
企業の外部の人に対して報告することを目的とします。
「外部の人」というのがポイントで、
外部の人にも分かるように、一定のルールに則っています。

2. 管理会計とは、
企業の内部の人に対して報告することを目的とします。
「内部の人」が自社の状況を把握して経営判断を行うにあたり、
その材料となるものが必要ですよね。
それが管理会計です。
自社独自のルールでO.K.です。

例えば、1. 財務会計で作成したものでは、
自分の会社で欲しい情報が、パッと見て分からなかったりします。
そんなときは、自社仕様のものを作れば良いのです。
それが、2. 管理会計です。

まずは、違いがある、ということを覚えておきましょう!