こんにちは。

消費税の届出書には、紛らわしい2種類の書類があります。
A.消費税課税事業者届出書
B.消費税課税事業者選択届出書

A.は、例えば2年前の売上高が1,000万円を超えた(要件①)場合など
自分の意志にかかわらず
消費税の対象の事業者となった時に提出するものです。
この書類を提出しなくても、例えば要件①を満たせば
消費税の対象の事業者となります。

B.は、例えば要件①を満たさないため、
原則的には消費税の対象の事業者ではないけれど、
自分の意志で
消費税の対象の事業者となることを選ぶ場合に提出するものです。
わざわざ自分で選ぶ制度のため、
提出をすることで、はじめて消費税の対象の事業者となります。
提出しなかったら、消費税の対象の事業者とはなりません。
また、提出をしたら、最低でも2年間は消費税の対象の事業者となります。

名称が紛らわしいので、提出したい書類を間違えないよう御注意くださいね。

 

参考
[手続名]消費税課税事業者届出手続(基準期間用)
[手続名]消費税課税事業者選択届出手続
No.6501 納税義務の免除