こんにちは。

今更・・・ですが、中小企業診断士の試験について
合格していますが、結果について開示請求をしました。

(H27年度 2次試験)
事例Ⅰ(組織(人事含む)) :A
事例Ⅱ(マーケティング・流通):B
事例Ⅲ(生産・技術) :B
事例Ⅳ(財務・会計) :A

※A:60%以上、B:50%以上60%未満

良い成績ではありませんが、
私の感想としては開示請求をして良かったです。

なぜなら、事例Ⅳ(財務・会計)だけで点数を稼いでいたと思っていましたが、
他科目もそれなりに点数が取れていて、
弱気になっていた気持ちが払拭されました。
(相変わらず、単純ですね。笑)

驚いたのは、事例Ⅰ(組織(人事含む))が70点だったことです。
試験対策として、専門学校の演習問題を4回解きましたが、
そのうち2回は7点。
100点満点なのに取れた点数7点ですよ。
先生から「10点以下は反省してください」と言われたのに、
2回連続で7点、絶望的でしたね。

当日、10倍の70点を得点できたのは、
一つには先生の予想が的中した「成果主義」について書けたから、です。
ただ、それだけでは70点に届かないはずで、
もう一つ要因を挙げるとすれば
「用意された正解がある」ことを意識して解答を書いたことかもしれません。
先生が常に講義の中でお話されていたことです。
試験なので正解があるんですよね、
その答えを問題文の中から探しにいくイメージです。

これは実務では役に立たないと思っていましたが、
そうでもないですね。
(このことについては、また別の機会にお話します)

試験結果の開示請求は、過去のことなので
過去にしがみついてもどうかと思っていましたが、
私にとっては、予想よりも遥かに良かったので、
これから、強気で進めます。(^^)