こんにちは。

「税務手帳」なるもの、ご存知ですか?

勤務していた時は、事務所で毎年用意してくれました。
税務に関することがコンパクトにまとめられています。
今年は支部から支給されました。
が、ほとんど使っていません。
なぜなら、スマホを使っているからです。

それなのに、今日、パラパラめくったら・・・

1月の最初のページに記載がありました、
「六輝の吉凶」
先勝 急用や訴訟などに用いて吉の日。午後は凶。
友引 正午のみ凶。朝夕は祝い事に用いて吉。
先負 諸事控え目に静観がよい。午後は大吉。
佛滅 何事をするのも忌み慎むほうがよい日。
大安 何事をするのにも上吉の日。
赤口 新規事開始その他何事をなすのも忌むべき日。

何となく引っかかるものがあり、
自分の開業日を調べてしまいました・・・

調べなければ良かったです(^^;;
「赤口」でした。

次に私は、何を調べたと思いますか?
赤口に設立した会社です。笑
ありましたよ、
本田宗一郎氏により設立された本田技研工業株式会社が!
しかも設立は、私のふるさと、静岡県ですよ!!
(全く関係ないですね。
しかも、浜松市なので、私の地元からはだいぶ離れています。苦笑)

この私の行動は「認知的不協和」によるものかと思いましたが、
こういうケースも「認知的不協和」となるのでしょうか。

ところで、「認知的不協和」とは何でしょう?
TACの中小企業診断士「企業経営理論」のテキストには
次のように書かれています。

消費者は一般的に何らかの形で不満足を感じることが多く、この不満足(不協和)を減少させるような行動をとることが知られている。

つまり、人は失敗したと思いたくなく、
失敗したと思う状態はストレスです。
その状態を解消するために
自分に都合が良い理由を見つけてきて正当化しようとするんですね。

本田技研工業には
これからも発展し続けてほしいです。笑