こんにちは。

税理士試験の受験生時代、
私、成績良かったんですよね(^^)
まぁ、それでも一発合格していませんし、
大体にして、合格者のほとんどが、
受験生時代、上位にいたでしょうから、
受験生の時の「成績が良かった」は、特段珍しいことではなかったりします(汗)

それなのに、合格してすぐの時は、
今思うと、やっぱり「勘違い」していました、
「私はできる!」と。

それが「大きな勘違い」であると思い知らされたのは、
特に独立してからです。
たくさんの税理士とお会いしました。
例えば、40年近く税務署で勤務された税理士サン、
40年間、ほとんど同じ専門に所属だったそうで、
そこに関しては「何でも知っている」ように見受けられます。
もう、敵いませんよね(^^;;

そうなんです、
その専門に関しては確かに敵いませんが、
よくよく考えたら、今の私に必要なのは、
満遍ない細かいところまでの知識ではないんですよね。
自分のお客様にとって必要な知識を持ち、または調べる力を持ち、
それをお客様用にアレンジしてお伝えする力なのです。
ということに気付いて、
お客様が何に困っているのか、何を求めているのか
を考えて行動するようにしたら、
私を選んでくれる人がちょっとずつ増えました。

資格を取っても、その資格を持つ大先輩はたくさんいます。
知識や経験では敵いません。
それなら、どうします??
・・・「あなただから」出来ることってありますよ!