こんにちは。

「お金が回るのか」
漠然とした不安を抱えてビジネスをされている方から
御相談を受けることはよくあります。

日々の経理もやって、お金のことも考えて、
となると、いっぱいいっぱいになってしまいますよね。

日々の経理のこと、それから将来お金が回るのか、
は、別々に分けるのではなく、
一連の流れとして考えることを私はオススメします。

例えば、freeeでは「資金繰りレポート」という機能があります。
資金繰りレポートの見方と活用アイディア

このまま表示すると、過去の実績を見ることが出来ます。
でも、一番欲しいのは、
過去ではなく、未来の情報。
これからお金が回っていくのか、が知りたいですよね。

資金繰りレポートには入出金予定の取引も表示可能です
こちらの「入出金予定」を「含める」とすると、
将来を見ることが出来ます。

といっても、「日々の経理」だけが入力されている状態ですと、
過去だけが入力されており、
将来についてはまだ入力されていないため、
将来を見ることは出来ません。

では、どうすれば良いのでしょう?
簡単です、将来を予測して、お金が出る予定を先に入力するのです。
例えば、家賃は毎月定額ですから、「予定として」確実な金額を入力できますね。
ところが、電気代は毎月変動しますから
「予定として」の金額は「だいたいこれぐらいかな〜」という金額になります。

ポイントは
「だいたいこれぐらいかな〜」として入力した取引に
「ダミー」など、後から分かるような「メモタグ」をつけておくことです。
この「ダミー」は、「ホンモノ」と二重計上にならないよう、
後で削除します。

これでおおまかなお金の流れを把握できます。
是非御活用ください!