こんにちは。

昨日まで受講したセミナーは、
中小企業診断士のセミナーでした。

診断士は、大きい企業にお勤めの方、お勤めだった方が多いです。
私は、大きい企業での勤務経験がありません。

つくづく感じたこと
「みなさんがお話しされる「言葉」が分からない!」

講師の先生が
「難しい言葉を使うと、受講者によっては分かってもらえませんよ」
と何度かお話しがありましたが
「受講者ではなくて、私が分からない。。。」
と・・・(汗)
(昨日までのセミナーは、皆さんとても優しく、
私の「分からない」に対して、親切に教えてくれました。)

確かに、診断士のお勉強を始めた時、
それこそ「???」という言葉ばかりで、
語学学習と変わらないように感じたんですよね。
その後受験勉強をする中で、それなりに習得したつもりですが、
例えば、業務内で日常的に使う言葉は、
やっぱり分かりません。

一方、税理士業界は、職員時代も含めて
それなりの年数になりました。
「難しい言葉=専門用語」は使わないよう心掛けていますが、
専門用語を使った意識はないのに、使っていることがあるかもしれません。
また、自分では「この言葉は一般的に通じる」と思っていても、
この税理士業界以外の方にとっては「???」という可能性もあるでしょう。

1つ2つならまだしも、それがたくさんになると、
聞く側は大変です。(言葉を学ぶことも含めて聞いている場合は別ですが)
お客様のことを考え、皆様もご自身が使う言葉、
ちょっと見直してみませんか?

オススメは、全然分からない方とお話しして、
指摘してもらうことですね。