こんにちは。

今朝の東西線の混雑は異常でした。

朝の予定があるときは、
「何事もなければ」30分前に目的地へ着く地下鉄に乗ります。
なぜなら、最寄り駅の西葛西駅は、
到着した地下鉄が既に満員で乗れないことが多く、
1〜2本見送るのは当たり前だからです。
また、運行中も間隔調整などで頻繁に止まります。
朝と夕方の通勤ラッシュ時は、オススメできない路線ですね、
時間のロスが多すぎます。。。

さて、今朝の西葛西駅は、
ホームに入るのもやっとのほど、大混雑でした。
いつもは1〜2本でどうにか乗れる地下鉄も、
私が乗れる順番になるまで、10本以上見送ったでしょうか。

間に合わないことを想定して、先方へ連絡は入れておきました。
結果的に、ギリギリ間に合いました。
乗換の駅では階段を駆け上がり、
最終的にはタクシーのお世話になろうと頭の中でシュミレーションしていましたが、
駅に降り立ったら長い列ができていたため、
仕方なくタクシーは諦めてまたまた急ぎ足。
汗だくで何とか間に合いました。

といっても、この行動はどうだったのでしょう。
今日のようなことは、また起こり得ます。
息を切らせて駆けこむのが果たして良いことでしょうか。
考えものですね。