こんにちは。

私は、中国語を読むのが苦手です。
読めない訳ではありませんが、とても疲れます。

先日、友人たちとお話したこと、
私は子供の頃、最初にひらがなを習い、次にカタカナ、最後に漢字を習いました。
漢字は、漢字ドリルや漢字書き取りノートの宿題がありました。
書き取りノート、面倒くさくてキライだった記憶があります。
その辺りから、漢字に対する苦手意識が芽生えたのかもしれません。

そしてもう一つ、
「分からないから、つまらない」
中国での留学中、リーディングの授業が一番苦手でした。
おもしろい部分に入る前の序章を理解するのに時間がかかり、
大体そこで「もう、やめたい・・・」と思いました。
序章を越えると面白くなったのですが、
そこまで辿り着いた経験が少なく・・・。

漢字に対し、子供の頃からの潜在的な「キライ」という意識がある上、
読んでも面白いと思ったことがあまりないと、モチベーションが上がりません。
では、どうしたらよいのでしょう、
一つには教材の選び方が挙げられますね。
自分のレベルより高過ぎると出来なすぎて挫折しますし、
低過ぎたら低過ぎたでつまらなくなります。

これは大人に限ったことではありません。
英会話講師をしていた頃、
難し過ぎる授業をすると、子どもたちはポカーンとし、
簡単過ぎる授業をすると「つまんな〜い」と言われました。

もしご自身若しくはお子様の学習が伸び悩んでいたら、
教材のレベルを見直してみませんか。