こんにちは。

事業を始めたいけれど、必要なお金が足りない!
そんな場合は「借入れ」という手段があります。

どこから借りるのか
例えば「日本政策金融公庫」があります。
100%政府が出資している金融機関です。

日本政策金融公庫は、事業を始めようとする方を応援しています。
しかしながら、日本政策金融公庫も、
貸したお金が返ってこない、というのは困ります。
ですから、貸してくれる可能性は他の金融機関に比べて高いですが、
貸してもらえない場合も、もちろんあります。

どうにかしてお金を貸してもらいたい時、
皆さんならどうしますか?

先方にとっては「返してもらえるか」がやはり大事。
ですから、「きちんと返せますよ。」ということを、
文章や数字を使って相手にお伝えすることが必要です。

日本政策金融公庫では、新しく事業を始める方は、
「創業計画書」を提出することになります。
https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html
このフォーマットは、借入れをしない場合でも、
頭の中でもやもやっとしている方は、一度書いてみることをオススメします。
思っていることを書き出すことで、頭の中が整理でき、
また、新たな発見があったりしますよ!