こんにちは。

法人の交際費について、まとめました。

 会計ソフト
の勘定科目
法人税法の取扱い
・贈答品
・5,000円超の飲食費、社内飲食費
 交際費年800万円まで経費
(超えた部分は経費にならない)
・5,000円以下の飲食費 会議費※全額経費

※参加者氏名、参加人数をメモした領収書を保存しておいてくださいね!

5,000円とは、一人あたり5,000円です。
会計ソフトの勘定科目は「会議費」以外でも構いません。
「会議費」にしているところが多い、というだけです。
そもそも、なぜ「会議費」にして、「交際費」とは分けているかというと、
「交際費」は法人税法において、制限がかかるからです。
現在は、年間800万円までは経費(≒損金)にできますが、
800万円を超える部分は経費(≒損金)にできないという制限です。
つまり、制限がかからない「会議費」にしておきましょう、ということです。

この規定を使うには、一定の書類の保存が必要です。
どういう書類かというと、具体的には「領収書」でO.K!
領収書に書いていなければならない項目は次のとおりです。
 イ 年月日:お店で印字済み
 ロ 参加者の氏名:御自身でメモして下さい!
 ハ 参加人数:御自身でメモして下さい!
 二 飲食店名:お店で印字済み

小規模企業の場合、年間800万円も交際費を使うことは少ないので、
「会議費」と「交際費」をわざわざ分ける必要性はないとも思いますが、
5,000円飲食費について、ご質問をいただくことが多いんですよね・・・。

No.5265 交際費等の範囲と損金不算入額の計算