こんにちは。

資本金1億円以下の青色申告法人が
減価償却資産を取得した場合の償却方法です。

取得価額 処理方法(選択可能)償却資産税の対象◯
  〃   対象外×

10万円未満
・資産計上 → 減価償却
・資産計上 → 一括(3年償却)
・全額経費(法令133)
   ◯
   ×
   ×
10万円以上
20万円未満
・資産計上 → 減価償却
・資産計上 → 一括(3年償却)
・全額経費(措法67条の5)
   ◯
   ×
   ◯
20万円以上
30万円未満
・資産計上 → 減価償却
・全額経費(措法67条の5)
   ◯
   ◯
30万円以上・資産計上 → 減価償却   ◯

いくらで購入したか、によって、
使える制度が異なります。
それぞれどういうことか、仕訳で書いてみますね。

(1)資産計上 → 減価償却
工具器具備品/現預金 XXX円
減価償却費/工具器具備品 △△△円

(2)資産計上 → 一括(3年)
工具器具備品/現預金 XXX円
減価償却費/工具器具備品 XXX÷3 円

(3)全額経費(法令133)
消耗品費/現預金 XXX円

(4)全額経費(措法67条の5)
工具器具備品/現預金 XXX円
減価償却費/工具器具備品 XXX円

(3)と(4)は、
結果的に法人税の計算においては
経費(≒損金)にできる金額は同じです。
でも、上記のように仕訳を切っておくと、便利ですよ。
なぜなら(4)のケースは「別表(=法人税の申告書)」に記載が必要ですが、
(3)のように仕訳を切ってしまうと、別表への記載を忘れてしまいがちだからです。
また、(3)のケースは償却資産税対象外ですが、
(4)のケースは償却資産税の対象になる、という違いもあります。

さて、「選択」できるとなると、
どれを選択するべきか、迷ってしまいますよね。
大雑把にいえば、黒字のとき→「全額経費」を選ぶと良いでしょう。
なぜかというと、黒字の時は税金を払わなくてはいけないんですね。
全額経費とは、減価償却の方法の中で一番経費にできる金額が多いです。
よって、全額経費を選ぶことにより、
その期の税金が安くなる、という訳です。